見覚えのないアダルトサイトから料金の請求!?

ワンクリック詐欺に合わないための対処法とは

ネットを見ていたら、突然有料アダルトサイトから「登録が完了したのでお金を振り込んでください」といった請求画面に出くわすことがあります。気が動転してお金を振り込んでしまいそうになりますが、実はこれはワンクリック詐欺の手口なのです。個人情報を入手したかのような文言や不安を煽ってくるような情報をちらつかせるのが手口ですので、慌てず冷静に対処していくことが必要になります。

 

有料アダルトサイトの請求画面とは

 

登録をした覚えもない有料アダルトサイトから突然請求画面が表示され、期日までに登録費や会費を支払うように指示されることがあります。この場合、ワンクリック詐欺と呼ばれる架空請求であることがほとんどですので、決して請求に応じたり、そのサイトに連絡を取ってはいけません。
このような詐欺画面の特徴は、期日が迫っているのに料金を支払わなかった場合、しかるべき措置を取るという文言が示されていることです。例えば職場や自宅に催促に行くと示唆したり、裁判所に訴えると言った文言まであります。不安を煽る文言を表示してお金を支払うように促していますが、決して請求に応じる必要なないことを覚えておきましょう。
また、請求画面にはサイトに直接連絡を取るようにといった文言が出ている場合があります。電話やメールで連絡を取ってしまうとさらなる詐欺が発生するだけではなく、こちら側の個人情報が漏れてしまう恐れがでます。ワンクリック詐欺に合わないための基本は、身に覚えのない有料アダルトサイトから突然請求画面が表示されても、決してお金を払わない、連絡をしないということです。

 

 

請求画面を無視しても問題はない?

 

有料アダルトサイトから請求画面が表示された場合の対処法ですが、そのまま何も操作せずに画面を閉じることです。請求画面の中に「閉じる」というボタンがある場合、多くは偽物のボタンである可能性が高く、クリックすると新たなページに飛んでしまうことがあります。ですので、請求画面を閉じたい場合はブラウザ自体を閉じることがポイントです。
請求画面を開いたままにしておくと、誤って画面内をクリックしてしまうこともあるため、いつまでも開いたままにしておくのはやめましょう。
ちなみに、請求画面を無視しても全く問題はありません。というのも、電子消費者契約法と呼ばれる法律には、インターネットサイトで契約を結ぶ場合、そのサイトに「契約者自身が申し込みの意思があることを確認する」こと、そして「内容に間違いがないか確認、または訂正することができる」ことを義務付けているからです。これらのことがサイトに明記されていない場合、契約そのものが成立しません。つまり、有料アダルトサイトの請求画面は法的に無効なのです。
さらに特定商取引法第14条に「顧客の意に反して契約の申し込みをさせようとする行為の禁止」とありますので、有料アダルトサイトの請求画面自体が違法行為に当たります。
もう一つ、覚えておきたいことがあります。それは、有料アダルトサイトの請求画面には個人情報を入手することは不可能だということです。請求画面はあたかも個人情報を特定したような情報を表示して、相手の不安を煽ることがあります。ですが、これは使用しているパソコンのOSやリモートホストなどの情報、つまりインターネットに接続する際にわかる基本的なことを表示しているだけなのです。見ている人に自分の個人情報が流出していると勘違いさせてしまいますが、実際には個人を特定しているわけではありません。よって、請求画面を無視したところでサイトから会社や自宅に催促があったり、裁判所に訴えられたということも起こらないのです。

 

功名な手口に騙されない

 

有料アダルトサイトの請求画面は巧みな手口を使って相手の不安を煽りますが、警告音のような音を鳴らすこともその一つです。スマホの場合、請求画面が表示されるとシャッター音やバイブが発生することもあります。
期日内に料金を振り込むようにといった画面が出てくるだけでドキっとしますが、さらに警告音などの音が出ると不安はさらに膨らみます。スマホを使っている時に請求画面と一緒にシャッター音が鳴ると、まるで自分の写真が撮影されたかのような気分になってしまいます。
これらの音は不安を煽るための巧妙な手口であり、シャッター音が鳴ったからといって自分の写真が相手に送られるわけはありません。警告音やシャッター音が鳴ったとしても慌てず冷静に画面を閉じることが大切です。

 

 

請求画面が削除できない時はどうすればいいの?

 

有料アダルトサイトの請求画面を閉じたのに何度も同じサイトが現れたり、アプリを削除したりデバイスを再起動しても請求画面が再度表示されるということはあります。
この場合、マルウェアに感染している疑いがあります。マルウェアとはハッカーによって作られた悪意のあるプログラムの総称で、このウイルスに感染すると、画面がフリーズしたり、操作が遅くなったり、何度も詐欺サイトが現れたりということがあります。
では、ウイルスを削除するためにはどうすればいいのでしょうか。
一つ目の方法として、セキュリティソフトを使って駆除する方法があります。主要なセキュリティソフトにはマルウェアを削除する機能がついていますので、まずはデバイス内にウイルスがあるかどうかスキャンしてチェックします。もしウイルスが検出された場合はセキュリティソフトの指示に従って削除しましょう。この時、有料のセキュリティソフトを入れてチェックすることをお勧めします。というのも、無料のセキュリティソフトは必要最低限の機能しか入っていないものが多く、ウイルスの種類によっては有料のセキュリティソフトでしか削除できない可能性があるからです。
二つ目に、セキュリティソフトを使用せずに請求画面を削除する方法があります。それは、最終手段でもありますが、パソコンやスマホのデバイスを初期化してしまうことです。デバイスを初期化するとは、工場出荷時の最初の状態に戻すことであり、今まで利用したアプリから個人データまで全て削除することになります。請求画面が何度も表示されてしまう、他のマルウェアにも感染しているなど、様々な問題を一挙に解決することができる方法です。

 

怪しげなものには手を出さない

 

ワンクリック詐欺に合わないために以下の三つの点を押さえておきましょう。
まず初めに、怪しげなサイトやリンクを開かないことです。有料アダルトサイトの請求画面は、何らかの怪しげなサイトやリンクをクリックしたことから発生しています。特にアダルト系のサイトや出会い系のサイトはワンクリック詐欺に合う可能性が高くなりますので極力アクセスしないことです。また、人が興味を持ちやすいジャンル、例えばゲームの裏技や芸能人のゴシップサイトなども怪しげなリンクが多数貼り付けてある場合があります。ワンクリック詐欺に合わないためには、まずはそういったサイトやリンクをクリックしないことです。
二つ目に、出所のわからないソフトやアプリをむやみにインストールしないことです。怪しげなソフトやアプリをインストールするとマルウェア感染する可能性を高めてしまいます。特に違法ダウンロードを助長するようなアプリは高確率で感染しますので、少しでも怪しいなと思ったらインストールしないことです。
三つ目に、SNSや知人から届くメールの中に不審なリンクや添付ファイルが付いている場合です。この場合、不用意に開かずそのままゴミ箱に入れてしまいましょう。というのも、知人のメールアカウントやSNSがウイルスに感染して乗っ取られている可能性があるからです。

 

ワンクリック詐欺に合わないために

 

ワンクリック詐欺に合わないための基本は請求画面を無視することですが、怪しげなサイトやリンクをクリックしないこと、ウイルスに感染した場合はしっかり駆除することも大切です。有料アダルトサイトの請求画面からは個人を特定することはできませんし、請求画面自体が違法行為ですので、料金を請求されたからといって慌てる必要はありません。正しい情報と対処法を持ってすればワンクリック詐欺は避けることができるのです。