ペニス増大サプリの選び方やおすすめランキング

増大サプリとは、その名の通りペニスを増大させてくれるサプリメントのことです。ところが、これにはさまざまな種類があります。「マカが含まれたもの」といったように決まりがあれば選ぶ人も楽なのですが、そのような決まりはありません。

 

マカが含まれている商品もあれば、含まれていない商品もあります。そのため、自分でしっかりと購入前に配合成分を確認しておき、自分が摂取したい成分が配合されている商品を選ばなければならないのです。

 

増大サプリに配合されている成分に決まりはありませんが、よく配合されている成分ならあります。代表的なのはマカ、クラチャイダムという食材です。マレーシアでは天然バイアグラと呼ばれているトンカットアリも最近注目されています。

 

よく配合されている栄養素としてはアルギニン、シトルリン、亜鉛などがあげられます。誤解してはいけないのは、これらは食材ではなく栄養素の名前ということです。そして、マカなどは栄養素の名前ではなく食材の名前です。マカの中にはアルギニンもたっぷりと含まれています。つまり、アルギニンとマカの両方が配合されていたら、アルギニンがダブルで含まれているということです。

 

サプリメントを選ぶときには自分が摂取したい成分が配合されていることが1つの確認すべきポイントです。しかし、摂取したい成分が配合されていてもその量が足りなければ意味がありません。必ず成分量も確認した上で購入しましょう。そして、量を計算するときには食材に含まれている栄養素も考慮しなければなりません。

 

例えば、アルギニン500mg、マカ800mgと書かれていたら含まれているアルギニンの量は500mgではありません。それに加えてマカに含まれているアルギニンの量も上乗せされます。とはいっても、マカの量が800mg程度なら、気にしなければならない量にはなりません。アルギニンは過剰摂取をすると副作用が出ますが、過剰摂取となるのはもっとはるかに多い量を摂取した場合です。基本的には副作用は出ないと考えておいて差し支えないでしょう。

 

増大サプリを選ぶうえでぜひ重視したいポイントは、普段の食事で摂取しやすいかどうかです。この点ではアルギニンはそれほど重要ではないことがわかります。なぜなら、アルギニンは肉や魚、大豆などにも豊富に含まれているからです。肉や魚、大豆をたくさん食べるようにしておけば十分に摂取できます。こういう考え方をした場合、シトルリンはサプリメントで摂取をしたほうがいいということに気が付くのではないでしょうか。なぜなら、シトルリンは主にスイカに含まれている栄養素ですが、スイカは普段の食事であまり頻繁に食べるものではないからです。また、主に夏の食材であり、夏以外の季節にはスーパーなどにもあまりおいていません。高級スーパーや果物屋なら冬でもスイカがおいてありますが、やはり値段は高いです。サプリメントのほうがはるかに低コストで摂取できます。

 

亜鉛もサプリメントでぜひ摂取したい栄養素です。亜鉛は豚レバー・牛肉・チーズ・卵・納豆などに含まれていますが、日本人は1日に必要な量を摂取していない傾向です。もう1つ、亜鉛をサプリメントで摂取しておきたい理由があります。それは、多めに摂取しても副作用が出にくい栄養素だからです。1日の摂取目安は男性で10mg、女性で8mg程度と言われていますが、仮に20mg摂取したとしても副作用はほとんどでません。個人差があるので絶対にとは言えないものの、副作用が出にくい栄養素です。そのため、サプリメントで毎日10mg程度を摂取しておくことはおすすめできます。

 

増大サプリの中にはマムシやスッポンなどの精力アップに効果があると言われている食材のエキスが配合されているものもあります。こういったエキスがどの程度効果があるのかはわかりません。興味がある人は試しに一度そういった増大サプリを飲んでみるといいでしょう。個人差があるので、結局は実際に飲んでみないとわからないのです。

 

たくさんの成分が配合されていればいいというわけでもありません。人によっては体に合わないような成分もあります。多くの種類の成分が配合されているほど、体に合わない成分にあたる可能性が上がります。結局のところ、普段からしっかりとバランスの良い食事をとるのが一番で、サプリメントはあくまで補助食品と考えておくのがベストです。栄養素は互いに相乗効果を発揮します。例えば、アルギニンとシトルリンを一緒に摂取したほうが、どちらか一方だけを摂取するのに対して高いパフォーマンスを発揮するそうです。ビタミンやミネラルなどの基礎栄養素も一緒に摂取したほうがいいです。ところが、どんなケースでもそれが言えるというわけではなく、中には一緒に摂取することでお互いの効果を弱めてしまうような組み合わせもあります。素人がそれを見抜くのは難しいので、やはりさまざまな増大サプリを試してみて自分に合ったものを見つけることになるでしょう。

 

 

ペニス増大サプリのおすすめポイント

 

 

 

ペニスを大きくしたい!
ペニス増大サプリを飲んでみたい!

 

しかし、どうやって選べば良いのかが分からないという人は少なくありません。何故かと言うと、たくさんの種類があり、その中には偽造品で効果を得ることが期待出来ないものもあるからです。ですのでペニスを本気で増大させたいと感じているのであれば効果を得ることが期待出来る高い品質のものを選ぶ必要があります。

 

増大サプリには欠かすことが出来ない幾つかの成分があるのです。それがアルギニンとシトルリンになります。アルギニンとシトルリンが配合されていないサプリメントはペニスを増大させる効果がないと言っても言い過ぎではないほど大切な成分になります。ですので効果が期待できるものを選ぶためには、まずアルギニンとシトルリンが配合されているかどうかを確認することが必要です。

 

シトルリンは摂取することによって勃起力を高めることが期待出来るアミノ酸の1つになります。天然のED治療薬と言われるほど男性としての機能を改善させる働きがある成分です。主なシトルリンの働きとして挙げられるのがペニスに流れ込む血液の流れが良くなり、海綿体に充分な血液が流れ込むことによる勃起力の向上になります。他にも疲労回復や筋肉繊維の増強も挙げられるのです。元々シトルリンは医薬品の成分であったこともあって血液の流れを改善させる効果は保証付きであると言えます。

 

アルギニンは摂取することによってペニスが再び成長する働きを促進させることが可能なアミノ酸の1つです。幼児期の身体を成長させるのに必要不可欠な成分になります。また主なアルギニンの働きとして挙げられるのが成長ホルモンを分泌させる働きを促したり免疫機能を向上させたり脂肪を代謝する働きも促したりすることです。

 

その上にシトルリンとアルギニンの相乗効果によってペニスに、より一層たくさんの血液を流し込むことが出来るようになります。シトルリンとアルギニンを一緒に身体の中に取り込むことによってペニスを増大させる効果を得ることが期待出来るという訳です。

 

法律によりサプリメントに配合されている成分は明記することが定められています。ですのでアルギニンとシトルリンが含まれてるかどうかを必ず確認することが必要です。

 

また、ただ単にアルギニンとシトルリンが含まれていれば良いという訳ではありません。何故かと言うとサプリメントに含まれている含有量が少なければ効果を充分に得られないからです。ですのでペニスが増大する効果を得るためには、サプリメントだけで1日あたりのそれぞれの成分の目安となる摂取量を摂れるかどうかを前もって確認しておく必要があります。

 

ちなみにシトルリンの1日あたりの目安となる摂取量は800ミリグラムでアルギニンの1日の目安摂取量は250ミリグラム以上です。中でもシトルリンは普段の食事から取り入れにくい成分なためサプリメントのみで1日分の摂取量を摂取することが出来るいうのは優れている増大サプリの必要不可欠な条件であると言えます。

 

そしてアルギニンには目安となる正確な摂取量が決められていないのですが、効果が得られたと実感することが出来る増大サプリにはアルギニンが、およそ250ミリグラム以上含まれていることが多いです。とは言え含有量を具体的に明記することは自ら企業秘密を開示しているような行為となります。競合他社に真似をされるリスクがあるため、多くの増大サプリが含有量を公開していません。そのような状況の中でも、ちゃんと含有量を公開しているメーカーは利用者に対する配慮が出来ているだけではなく増大サプリの品質に自信を持っていることが感じられます。

 

確実にペニスを増大させる効果を得たいという方は有効成分が含まれている量がはっきりと明記されており、その上に1日あたりの目安となる摂取量を摂取することが可能なサプリメントを選ぶのが良い方法です。

 

副作用を引き起こすのではないかという不安を感じている方も少なくありません。ペニスを増大させる効果に対して不信感をどうしても抱いてしまうと言う人も多いです。だからこそ安全性がちゃんと保証されているということは、とても大切なことになります。安全性を確認するためには日本国内で生産されているものかどうかやGMP認定をされている工場の中で生産されているものかどうかを確認することが必要です。どちらかの条件を満たしていれば安全性があることを確認出来ます。

 

どうして安全性をチェックするのに日本国内で生産されているかどうかを確かめる必要があるかというと日本国内の製造産業は世界の国々の中でも安全性がトップクラスだからです。日本国内で健康食品を製造するときには副作用が大きい医薬品の成分を入れてはいけないという規則や配合されている成分は明記する必要があるという規則があります。他にも食品添加物は基本的に指定された成分以外は配合することが出来ないという規則もあるので日本国産のものは副作用の心配がほとんどありません。