ペニス増大サプリはどれも同じ?失敗しないサプリの選び方

 

チンコを大きくしたいけどどうすれば大きくなるのかわからない!という人は多いのではないでしょうか。

 

 

 

確かに、ペニス増大方法はチントレや手術、増大サプリなど色々な方法があり良いとされているサプリだけでも国内外合わせてたくさんの種類があります。

 

 

しかし、サプリによって特徴も違い効果もまったく異なるのです。

 

 

 

今回は、そんなペニス増大サプリの失敗しない選び方を紹介していきます。
勃起力UPなどの精力剤についてはこちら

 

 

 

増大サプリとペニスを大きくさせる方法

ペニスを大きくさせる方法

 

ペニスを大きくさせる方法を3つ紹介します。

ちんこトレーニングで大きく
薬や手術で大きく
ペニス増強サプリで大きく

 

 

お金がかからないのはチントレ

チントレ

 

まず、最も安価にペニスを大きくする方法は自分でチンコトレーニングをすることです。

 

 

ペニスは、筋肉と細胞で作られているので鍛えられます。

 

簡単なのは、腹筋やスクワットで下腹部の筋肉を鍛えましょう。
次に、ペニスを上下左右に30回程度伸ばせば完了です。

 

この方法が最も安価でペニスを大きくすることが期待できます。また、増大サプリも併用すれば、さらに効果的です。しかし、トレーニングでは即効性はなくかなりの時間と労力がかかります

 

 

薬や手術で大きくする

ペニス手術

 

ペニスの効果に即効性を持たせるためには、薬や手術が必要です。

 

まず、バイアグラやシリアスなどの薬を使うと飲むだけで一定時間ペニスを大きくできます。

 

しかし、効果は数時間程度といわれているので、ペニスのサイズが上がるわけではありません。また、血管を無理やり拡張するため、「心臓に負担がかかる」「頭痛が起きる」などの副作用もあるのです。そのため、一時的にペニスを大きくしたいとき使いましょう。

 

 

次に、手術はペニスに直接ヒアルロン酸、コラーゲン、アクアミド、バイオアルカミドを注入する方法です。手術の中には、ペニスを長くすることや亀頭のみを大きくすることもできます。主に、ペニスがまったく立たない人などにおすすめですが、費用が数万~ウン10万円と高額です。

 

 

ただ、手術に成功すれば、長期的にペニスを大きくすることができるでしょう。

 

しかし、術後に痛みが出るなどの副作用もあります。また、必ず手術が成功するわけではないので、リスクは高いといえるでしょう。

 

ペニスを大きくさせる方法は増大サプリ、トレーニング、医療薬、手術とさまざまです。即効性と効果に特化するなら医療薬と手術が良いかもしれません。

 

 

しかし、増大サプリとトレーニングに比べてリスクや副作用、高額費用があるのでしっかり考えて行う必要があります。

 

手術で増大を考えてる方はスカイクリニックがおすすめです

東京スカイクリニック

 

 

ペニス増大サプリで大きくする

サプリで大きく

 

増大サプリは精力を向上させるために、体質を改善させる健康食品です。

 

 

そのため、薬や手術と比べると副作用やリスクが少ない特徴があります。増大サプリを使うことで、ペニスの大きくなりやすい体に変えるのが増大サプリの特徴です。

 

 

そもそも、ペニスが自然に成長する期間は決まっています。自然に成長する期間は思春期です。思春期に男性ホルモンが大量に分泌されることで、ペニスの成長につながっているわけですね。

 

 

しかし、思春期が終わると、成長ホルモンの分泌は弱まってしまいます。そのため、大人になるとペニスが自然に大きくなることは少ないのです。

 

しかし、男性ホルモンは思春期に比べて弱まりますが、止まるわけではありません。つまり、方法次第ではペニスを大きくできるといえます。ただ、ペニスを意識的に大きくさせる方法を活用しなければ、ペニスを大きくすることは難しいでしょう。

 

 

増大サプリやトレーニングに即効性は望めません。しかし、副作用がない点や健康的にペニスを大きくさせる方法としては最善だといえます。さらに、トレーニングは長期間継続させるのが大変ですよね。時間もなければ、続ける根気も必要になってきます。そのため、続けやすくリスクもない増大サプリがペニスを大きくするのに簡単で安全なのです。

 

 

面倒な性格の人や、時間がない人は増大サプリがおすすめといえるでしょう。

 

 

増大サプリの仕組みと選び方

仕組みと選び方

 

なぜ、増大サプリでペニスが大きくなるのでしょうか。

 

それを知るには、ペニスの仕組みを知ることが必要です。
人によって増大サプリの効果が出る期間や、効果の幅もまったく違うでしょう。しかし、その原因は増大サプリではない可能性もあります。その場合、増大サプリの種類を変えても意味がありません。

 

そのため、増大サプリとペニスの仕組みを理解しておきましょう。

 

 

 

まず、ペニスの構造は海綿体(かいめんたい)と呼ばれる血管の塊があります。

 

その海綿体の中に尿道と呼ばれる尿管が通っているのです。また、海綿体の周りには形を崩さないために筋膜や白膜があります。つまり、ペニスは複数の血管や筋肉が集まった集合体なのです。

 

このひとつひとつの筋肉・細胞・血管が正しく動けば、正常に勃起させることができます。また、ペニスを動かすためには栄養や酸素が必要で、関係ないと思われる生活習慣も大切となってくるのです。

 

 

 

次に、勃起の仕組みは血液が関係しています。

 

まず、性的な刺激を感じたときに脳がペニスを興奮させて勃起が起こるのです。
ペニスには平滑筋と呼ばれる筋肉があります。この平滑筋は普段大きくなっており、血液をせき止めることで勃起をしない状態を保っているのです。

 

 

しかし、性的刺激が脳に送られると、平滑筋が縮んで血液が流れる仕組みとなっています。血液がペニスにたくさん流れることで、ペニスが勃起するわけです。つまり、ペニスを大きくさせるためには、多くの血液をペニスに流す必要があります。

 

血液は生活習慣によってドロドロな人や、サラサラな人とさまざまです。

 

ペニスを大きくさせたい人は、血液をサラサラにして、たくさんペニスに血液を流せばだれでも可能といえます。
ペニス増大に必要なもの睡眠、筋肉、栄養です。主に血液をサラサラにする目的で、生活習慣を見直すことが大切となってきます。

 

 

まず、睡眠中は成長ホルモンやセロトニン・メラトニンと呼ばれるホルモンを分泌し、男性ホルモンの活性化に期待できるのです。

 

しかし、睡眠は時間帯も重要で、23時~2時までに大量に分泌される傾向があることがわかっています。つまり、男性ホルモンをたくさん分泌させる時間帯で睡眠をするとペニス増大につながる傾向です。

 

 

次に、体全体に筋肉を付けることで血液の流れを良くします。血液の流れが良くなれば、ペニスにも血液が流れやすくなる仕組みです。

 

 

特に、腹筋やスクワットなどの筋肉トレーニングはペニスに近いこともあり、ペニス増大を促進することが期待できます。ただし、腹筋とスクワットのみのトレーニングでは、筋肉バランスが崩れて腰痛の原因となるのでトレーニングは全身をしたほうが良いでしょう。

 

 

最後に栄養は、とても重要です。
栄養の質や量を間違えると肥満につながってしまいます。ペニスを大きくさせるためには、たんぱく質・ビタミン・ミネラル・食物繊維など多くの種類をまんべんなく摂取しなければなりません。バランスよく栄養を摂取することで、血液をサラサラにし、ペニスに効率よく栄養を送り届けることができます。

 

 

そのため、食べる種類にも気を付けましょう。血液をドロドロにする食べ物は、ジュースやジャンクフードなどの加工食品です。加工食品には、栄養以上にたくさんの添加物が含まれています。添加物を摂取しすぎると血液をドロドロにし、肥満の原因にもつながってしまうのです。

 

 

ペニス増大を考えるのであれば、生活習慣の見直しも考えましょう。ペニス増大をすることで生活習慣も同時に正すことができます。ペニスを増大させるだけでなく、生活習慣も良くなるであれば、一石二鳥ではないでしょうか。しかし、毎日ペニスに効果的な栄養素を摂取し続けるのは難しいでしょう。

 

その問題を克服するのが増大サプリです。増大サプリには、ペニスを大きくするための栄養素が詰まっています。そのため、料理が苦手な人や栄養が偏っている人でもペニスを大きくできるのです。

 

ただし、ペニス増大サプリに含まれる成分は商品によって違います。そのため、自分に合ったペニス増大サプリを選ぶことが大切です。

 

 

ペニス増大サプリの選び方1:成分

 

ペニス増大サプリの成分や量は、商品によってさまざまです。
そのため、ペニス増大サプリを選ぶ際は成分にも注目する必要があります。

 

ペニスに効果が期待できる成分は以下の通りです。

 

  • アルギニン
  • シトルリン
  • マカ・高麗人参・すっぽんなどの滋養強壮成分
  • 亜鉛

 

これらの成分は、どれもペニス増大に効果的だといわれています。しかし、体にもたらす影響はそれぞれに異なるので1つずつ成分の特性を理解する必要があるのです。

 

 

アルギニン

アルギニンは、アミノ酸の1つで体の細胞を作る作用があります。
そのため、アスリートの人がよく飲むプロテインやスポーツドリンクにも含まれているのです。アルギニンを摂取すると、「筋肉の修復を早める」「男性ホルモンの分泌を促す」などに期待できます。ペニスも筋肉と血管で作られているのでペニスを大きくすることが可能です。

 

 

しかし、アルギニンは吸収率が低い特性を持っています。摂取量を増やしても体内に吸収できる量は少なくなってしまうのです。

 

そのため、アルギニンを取り入れる際はシトルリンを同時に摂取するのがおすすめといえます。なぜなら、同時に摂取することでアルギニンの成分をペニスに届けやすくしてくれるからです。つまり、アルギニンしか入っていないペニス増大サプリよりも、シトルリンも含まれているものを選ぶと良いでしょう。

 

 

シトルリン

シトルリンは、血管や柔らかくする作用があります。

 

主に、キュウリなどの野菜に含まれている成分で、体内の一酸化窒素を作り出してくれるのです。一酸化窒素には、血管を広げて血液循環を促してくれます。ペニスの血管も柔らかくできるので、直接ペニスを大きくすることが可能です。さらに、ペニスだけでなく動脈硬化や心筋梗塞の予防にもなるので体に取り入れておきたい成分だといえます。

 

 

また、シトルリンを一度にたくさん摂取しても、ペニスに届くまでには時間が必要です。そのため、直接ペニスに作用しますが副作用やリスクを負う心配がないといえます。しかし、継続して初めて効き目が出るようなので、数カ月は摂取し続けましょう。

 

 

滋養強壮成分

マカやすっぽんなどに含まれる滋養強壮成分は、精力の向上に期待できます。

 

脳に通常以上の興奮作用が働くので、ペニスにたくさんの血液を送ることが可能です。つまり、硬く力強いペニスになりやすくなります。しかし、物理的にペニスを大きくするわけではありません。あくまでも、脳を必要以上に刺激して興奮させるだけなので、効果は一時的なものと理解しましょう。

 

 

また、飲みすぎにも注意が必要です。飲みすぎると、「ペニスに痛みを感じる」「以前飲んだときよりも効きにくくなった」などのデメリットがあります。そのため、飲む量は必ず守ることが必要です。ペニス増大サプリを使うときも飲む量に注意して活用すると良いでしょう。

 

 

亜鉛

亜鉛は、貧血や味覚、うつ病などさまざまな面で有効な成分です。

 

しかし、亜鉛は牡蠣(かき)など特定の食品にしか含まれていないので、不足している人が多い傾向があります。亜鉛が不足すると、貧血などの生活に支障が出るだけではありません。

 

精子を作る作用が減少することもあるのです。また、勃起と精神はとてもつながりがあります。勃起するためには、性的刺激を脳が受ける必要がありましたよね。しかし、気持ちが落ちていると性的刺激が下がり、うまく勃起しなくなってしまいます。つまり、いくらペニスを大きくしても、大きく堅いペニスにならないということです。

 

 

ただし、亜鉛の摂取しすぎも生活習慣に悪影響を及ぼす危険があります。そのため、亜鉛の摂取しすぎにも注意しましょう。亜鉛の1日の摂取目安は12mgが理想です。ペニス増大サプリを選ぶ際は、亜鉛の含有量を確認すると安心でしょう。

 

 

ペニス増大に期待できる成分は、どのペニス増大サプリにも含まれています。しかし、商品によって成分ごとの含有量が違うので、選ぶ際は注意が必要です。自分の生活習慣に足りていない成分を中心にペニス増大サプリを選ぶことをおすすめします。

 

 

 

ペニス増大サプリの選び方2:目的

 

ペニスを大きくさせるサプリは、精力増大サプリとペニス増大サプリの2種類があります。

 

精力増大サプリとペニス増大サプリは、同じように見えますが内容が少し違うのです。そのため、自分の目的に合わせて使い分ける必要があります。

 

 

精力増大サプリ

精力増大サプリの目的は、性欲や精力を高めることです。

 

アルギニンやマカなど精力を高める成分が多く含まれている特徴があります。そのため、ペニスの大きさの悩みよりも、ペニスがうまく立たない人や性欲が湧かない人の悩みを解消することが目的です。性欲や精力を一時的に高めることに特化しているので、ペニス増大サプリよりも即効性は若干高い傾向にあります。しかし、ペニスが大きくなるわけではありません

 

 

精力増大サプリのメリットは、成分の種類が少ないこともあり、手軽に購入することができます。

 

また、セックスを必要とした場合には勃起力の向上や精力の強化にも期待できるでしょう。さらに、健康食品なので他の薬との併用も可能で、副作用もほとんどないメリットがあります。

 

一方、デメリットは効果には個人差があり、まったく効果が出なかったケースもあります。また、アミノ酸などのサプリメントよりも高額なので頻繁に購入するのが難しいのも事実です。さらに、精力剤の種類が多く価格だけで選ぶと効力のない商品を購入することも予想されるでしょう。そのため、精力剤を購入する前に商品の成分や購入した人の意見も参考にする必要があります。

 

 

 

ペニス増大サプリ

ペニス増大サプリは、ペニスを日常的に大きくさせることが目的です。

 

長期的な服用は必要になってきますが、ペニス自体のサイズアップに期待できます。成分もアルギニンやマカなどの精力剤以外に100種類以上の栄養素が含まれていることが特徴です。

 

そのため、ペニスだけでなく、生活習慣をよくすることもできます。主に、アルギニンに加えてシトルリンや亜鉛などがまんべんなく含まれているサプリを選ぶと良いでしょう。

 

 

ペニス増大サプリのメリットは、ペニスのサイズアップを期待できることです。

 

もちろん、性欲も高まるため硬く力強い勃起も望めるでしょう。また、生活習慣も同時に見直せば、健康的で安全に悩みを解消することも可能となっています。

 

 

一方、デメリットは、精力増大サプリよりも価格が高いことです。有効成分が豊富に含まれているので、しかたがないでしょう。また、即効性がないため数カ月以上飲み続ける必要があります。価格も高いため、続けるのは少々金銭的に余裕が必要ですが、手術するよりは安価です。

 

長期的に見て、ペニスを大きくしたい人はペニス増大サプリを活用しましょう。

 

 

 

ペニス増大サプリの選び方3:種類

ペニス増大サプリの選び方やおすすめランキング|【メンズスクール】

 

 

ペニスを大きくさせる精力剤には3種類があります。

 

主に、強壮剤、勃起薬、強精剤ですが成分や使い方がまったく違うのが特徴です。精力剤の種類を間違って使用すると、得たい効果を得ることができなくなる可能性もあります。

 

また、副作用のある精力剤もあるため、種類ごとの特徴や副作用をよく確認してから選ぶ必要があるでしょう。

 

 

強壮剤

強壮剤は、体の機能を高めてペニスを大きくするものです。

 

今回、紹介しているペニス増強サプリも強壮剤に入ります。主に、体の健康を維持しながらペニスの効果を得たい人におすすめです。

 

 

強壮剤には即効性はありません。しかし、副作用も少ないため年齢関係なくだれでも服用できるメリットがあります。そのため、年齢によって体力が落ちた人や勃起しなくなった人でも気軽に試すことが可能です。また、健康増進効果にも期待できるため、中高年層でもさまざまな目的で活用できる万能剤とも呼べるでしょう。

 

 

勃起薬

勃起薬は、一時的にペニスを勃起させる効果が期待できます。

 

通常、ペニスは性的刺激がなければ勃起することはありません。しかし、勃起薬は無理やりペニスを立たせることが可能なので精神面に関係なく効力を発揮することができます。

 

もちろん、性的刺激を強く受けていたほうが効力は高まるでしょう。主な成分は、バイアグラやシリアスなどの医薬品を使用します。短期的に勃起させたいときに有効の薬だといえるでしょう。

 

 

勃起薬のメリットは、効果の即効性にあります。持続時間は、バイアグラで5~6時間、シリアスで24時間~36時間のようです。効果や持続時間には、個人差はありますが強壮剤に比べて目に見えるスピートで効果に実感できるでしょう。

 

しかし、あくまでも効力は一時的なので、勃起を誘発する薬を位置付けておく必要があります。また、持続時間も使用を続けていくと短くなる人もいるようです。さらに、量を間違えると副作用の危険性もあるので使い方を間違えないようにしましょう。

 

 

強精剤

強精剤は、勃起不全や精力低下などに悩みを抱えている人におすすめです。

 

 

強精剤の成分は医療薬でしか含まれていないメチルテストステロンを使用しています。主に、男性ホルモンの分泌を高める作用があり、威力も市販の薬より強い傾向があることが特徴です。

 

 

一般的には、医師の診断が必要な薬で、ED改善などの治療目的で使えます。そのため、精力向上を目的とした人は、手に入れることができません。ケースによっては、医師が認めれば精力目的でも手に入りますが、副作用も強くなります。

 

強精剤のメリットは、勃起力の向上だけでなく精子の生成も可能です。また、男性ホルモンが高まるので筋肉が付きやすい体になります。そのため、トレーニングをしても効果が現れやすくなるでしょう。

 

 

さらに、勃起効果だけでなく、更年期障害の予防にも効果が期待できます。性的な問題を抱えている人には、特に有効だといえます。しかし、効力が強い反面、副作用も当然あります。人間は、女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが崩れると体に異常が生じやすくなるのです。

 

 

強精剤は、強制的に男性ホルモンを高めるため、ホルモンバランスが崩れ、抜け毛やかゆみなどの症状が出るケースがあります。また、医療機関に通院しなければならないので、他の精力剤に比べて費用が高いデメリットもあるのです。そのため、まずは手軽に購入できる強壮剤を試してみて、それでも効果が得られない場合に活用するのをおすすめします。

 

 

 

人気の増大サプリ!おすすめランキング

ここでは当サイトでの人気度やおすすめ度を考慮してランキングしてみました。選ぶ際の参考にしてください。

 

ブラビオンの特徴

全額返金保証付き!
最高ランクの安全性と高濃度成分配合

驚異的でスピード爆発的な増大威力を発揮できるサプリで、次のように男性から高い評判を獲得しています。
モニター満足度98%
リピート率90.7%
国内販売数も10万個を突破していますので、ブラビオンが期待できるペニス増大サプリなのは間違いありません。

価格 特別価格
評価 評価5
備考

アプソルシンの特徴

アプソルシン(Apsorusin)は、2018/4月に発売されたばかりの新商品です。

新聞に掲載されたりTVショッピングで放送されたりと、話題騒然のペニス増大サプリです。
特許成分の『バイオペリン』の効果が期待できます

価格 特別価格
評価 評価5
備考

 

 

ペニス増大サプリを選ぶ際の注意点

 

ペニス増大サプリには、選ぶ際の注意点と使用する際に注意点があります。どちらも、正しくないと期待できる効果が薄れてしまうのです。さらに、逆に健康状態に異常が出てしまうので、必ず確認してから、ペニス増大サプリを選択・服用するようにしましょう。

 

 

選ぶ際の注意点

 

まず、ペニス増大サプリを選ぶときに、成分の含有量を必ず確認しましょう。

 

成分の含有量で注意して欲しいのが記載方法です。記載方法には、配合量と原材料の量と2種類があります。同じようでまったく違う意味で、配合量はカプセルに入っている量を表すので問題ありません。

 

しかし、原材料の量は粉末にする前の量になります。原材料を加工する過程で、カプセルに入る量は減ってしまうのです。同じ1000mgでも、原材料の量と記載された方は配合量よりも少ないので注意をしましょう。主に、成分がたくさん入っているのに価格が明らかに安い商品には記載内容に確認することをおすすめします。

 

 

 

次に、サプリに記載されている「濃縮」には注意が必要です。

 

カプセルタイプでも粉末タイプでも国内の濃縮率は決まっています。つまり、海外の製品でない限り濃縮されることはないのです。そのため、ペニス増大サプリを選ぶ際に「濃縮」という言葉に惑わされないように注意しましょう。

 

 

また、海外の製品に〇倍濃縮と記載されていても、確認する場所は含有量です。そもそも、基準がないのに濃縮率を上げることはできません。自社の製品を購入してもらうための文言と捉えておくと、購入しやすくなります。

 

 

続いて、ペニス増大サプリのカプセルは、製品によってサイズが違うのを知っていますか。ただ、カプセルが大きいだけなら飲みやすさの問題なので、軽視しても良いでしょう。しかし、カプセルによって1粒に含まれている量も違います。当然、カプセルが大きければ1粒に含まれる量も増えるでしょう。そのため、1回に服用するカプセルの個数も製品によって変わってきます。多量の服用は危険なので、服用前に1回のカプセルの個数も確認しておきましょう。

 

 

使用する際の注意点

ペニス増大サプリを服用する際は、飲む量に注意が必要です。

 

まず、1日のアルギニンとシトルリンには摂取許容量が決まっています。アルギニンは300mg、シトルリンは800mgです。許容量を超えても、体が吸収しきれません。多く飲んでも効果がなく、もったいないので許容量は覚えてきましょう。

 

 

また、カプセルの含有量も製品によって違うので、許容量を超えないように注意が必要です。許容量を超えない範囲であれば、飲むほど効果が高まるので成果を高めたい人は多めに飲んでも問題ありません。カプセル1粒の量をよく確認して使用することをおすすめします。

 

 

 

日本製と海外製どっちがおすすめ?

 

安全性を重視するなら日本製がおすすめです。

 

しかし、サプリメントの浸透力は海外のほうが高いので、品質に関しては海外のほうが上の場合もあります。それぞれの国で特徴があるのでアメリカと日本に絞って紹介していきましょう。

 

 

まず、アメリカの場合はサプリメントの普及率も高いので、品質やコストが優遇されます。品質の確保にFDAと呼ばれる審査基準があるので、安心・安全は保証されるでしょう。このFDAの基準は厳しく、化粧品や食品にも適用しているため信頼度は極めて高いといえます。

 

 

問題は、アメリカ人が飲むために作られた製品だということです。つまり、日本人向けに作られていないので、含有量の規定も多い可能性があります。そのため、日本人が安易に服用すると、過剰摂取につながる場合もあるのです。基本的にサプリメントは自己責任なので、日本製に比べてリスクは高いでしょう。

 

 

 

一方、日本製は、日本人向けに作られているため含有量の信頼度は高い傾向にあります。海外に比べて少し高額になるケースもありますが安全性を重視するなら日本製のほうがおすすめです。しかし、日本製だからといって安心できるわけではありません。

 

 

その安全性を確かめる方法が、GMP・HACCP・有機JAS認証マークの有無です。GMPの基準をクリアしている製品は、高品質が保証されている証明となります。HACCPは、危害重要分析管理点と呼ばれるもので食品が安全かの製造過程を記録するシステムです。

 

 

 

日本で作られていても、原材料が海外だと安全とはいえません。しかし、HACCPを活用すれば加工する工程を管理できるので食中毒の事故を未然に防いでいます。つまり、「安全な食品ですよ」という証明になるわけです。有機JAS認証マークは、化学肥料や農薬を使っていないオーガニック食品にのみ付けられるマークになります。ペニス増大サプリでは、有機JAS認証マークが付いている製品は少ないですが安心・安全なので、ぜひ探してみると良いでしょう。

 

 

 

 

ペニス増大サプリは慎重に選ぼう

 

ペニス増大サプリの種類はたくさんあり、目的に合わせて種類や成分を変える必要があります。

 

安易に選ぶと効果がない場合や副作用が出るので注意しましょう。

 

 

しかし、しっかり内容を理解して選べば、ペニスの悩みを解消できる可能性は高まります。ペニスを大きくしたい人は、これを機にペニス増大サプリを試してみてはいかがでしょうか。