本当に効く!最強の精力剤サプリで勃起力アップ!おすすめランキング

 

精力剤を選ぶには男性器の構造と成分をおさえよう!

男性の魅力にはいくつかの側面があります。

 

筋骨隆々としたビジュアルな魅力も重要ですが、感覚的に女性を喜ばせることができるものは、尽きることのない精力といえるでしょう。だだし、精力は年齢や環境条件によってうまく発揮できないこともある繊細なものです。

 

 

この記事では、そのような魅力を高める精力剤の効果を最大限に引き出すために、まず精力の基本と勃起の仕組みを含めた男性器の構造を確認し、精力減退の原因を考えます。さらに、その原因を取り除くための精力剤を選ぶ際に役立つ情報について説明していきます。

 

 

精力とは?男性器の構造とその仕組みからおさえよう

一般的に「精力」といわれるものは、性交渉の際の「精神力」、「勃起力」そして「持続力」を指しているといえるでしょう。

 

 

精神力

まず、1つ目の「精神力」とは、性交渉への積極的な心の持ち方のことです。相手となる女性に対する強い気持ちが基本になります。

 

 

具体的には性欲の強さが問題になるのですが、愛情の有無や強さにかかわらず、異性に対して性欲を感じることは自然です。なぜなら、性欲は人間が動物であることの証であり、種の保存という本能に結びついているからです。

 

 

 

ただし、人間は動物という側面と、秩序ある社会の構成員である側面の2つを兼ね備えています。そのため、性欲の赴くままに行動してしまうと、さまざまな問題が起きてしまい、それが精力を減退させることもあります。

 

 

つまり、心の問題にはデリケートな面があり、身体機能的にはまったく問題がなくても、精神的なプレッシャーが原因で勃起しなくなることがあるのです。旺盛な精力を維持するためには、肉体面だけではなく精神面の強さも必要になります。

 

 

 

勃起力

つぎに、2つ目の「勃起力」を解き明かすために、男性器の構造とその仕組みを見てみましょう。

 

 

勃起は非常に繊細なシステムにより可能になる現象です。すべての要素がうまく機能して、初めて性交に必要な機能的準備が整います。男性器は、外見的には「陰茎(いんけい)」と「陰嚢(いんのう)」から構成されています。

 

 

実際の性交の際に重要な役割を果たすのは陰茎です。陰茎が大きくなり硬度を持つことで、女性の膣内への挿入が可能です。陰茎の中心部には尿道が通っており、性交の際の射精以外には、泌尿器として尿の排せつにも使われます。

 

 

これは人間だけではなく、哺乳類共通の特徴です。

 

 

尿道には弁があるため、陰嚢から生産された精子と膀胱から前立腺を経て尿道に送られる尿が混ざることはありません。このように多機能な役割を持つ陰茎ですが、大部分は「海綿体(かいめんたい)」と呼ばれる組織で構成されています。

 

 

陰茎の左右と下部にそれぞれ3つの海綿体組織があるのです。左右にあるものが「陰茎海綿体(いんけいかいめんたい)」で、下部が「尿道海綿体(にょうどうかいめんたい)」です。尿道海綿体の中央には尿道が通っており、陰茎先端部の亀頭(きとう)まで細く伸びています。

 

 

それに対して、陰茎海綿体は、太い棒状の組織となっていて、陰茎全体を勃起させる機能を持っています。ちなみに、男性の陰茎と同じように女性の陰核(いんかく、クリトリス)に勃起現象が見られるのは、この陰核海綿体でできているからです。

 

 

海綿体の構造は、「白膜(はくまく)」と呼ばれる膜で覆われ、内側は「海綿体洞(かいめんたいどう)」と呼ばれる多くの空洞をもつスポンジ状になっています。勃起は、この海綿体洞に動脈血が流入することで起きる現象です。

 

 

 

通常は、血液が流入しないように「平滑筋(へいかつきん)」という筋肉で動脈を収縮させています。

 

 

メカニズムとしては、まず性的な刺激が発生すると、平滑筋が緩みます。すると、陰茎海綿体につながる動脈が拡張して、動脈血が一気に流入、陰茎海綿体自体も拡張し、硬度が増していくのです。このプロセスを勃起と呼び、精力剤の服用で勃起力が問題になるときには、十分な硬度が得られるかどうかがポイントになります。

 

持続力

3つ目の「持続力」には、大まかにいって2つの意味があります。

 

 

狭い意味では、陰茎が勃起した状態を維持させる時間の長さのことです。広い意味では、性行為自体を持続できる全般的な体力を指します。

 

 

勃起すると、海綿体自体が拡張することで外側にある白膜のテンションが上り、静脈が圧迫されて海綿体内の血液が流出できない状態になります。狭い意味の持久力とは、この状態を維持可能な時間的長さです。

 

 

 

性交経験が浅いときには、陰茎が敏感なことが多く、挿入から射精までの快感が大きければ大きいほど、持続力は短くなる傾向にあります。この持続時間を自在にコントロールすることは、精力剤に期待される機能のひとつです。なお、勃起時には陰茎海綿体は硬くなりますが、尿道海綿体は柔らかい状態のままになっています。なぜなら、生物学的な性交の目的である射精のために、精液の通り道を確保する必要があるからです。

 

 

 

精力の衰える仕組みとEDについて

男性から「最近、精力の衰えを感じる」などという言葉を聞かされることがあります。

 

これは、既に述べた精力を構成する3つの要素に問題があると言い換えることができるのです。

 

 

つまり、精神力、勃起力、そして持続力のいずれか、または全てが十分に機能しなくなっているわけです。性交のためには陰茎が勃起している必要があるのですが、なんらかの原因で十分な勃起力や持続力が得られないことを「勃起障害」や「勃起不全」と呼んでいます。

 

 

これは英語の Erectile Dysfunctionからの訳語であり、頭文字を取って「ED」と表記されることもあります。EDは、十分な勃起が得られないことと、その維持が困難になることの両方を含みます。

 

 

 

つまり、EDの現象として勃起力と持続力が低下するわけです。

 

 

なお、医学的には勃起に関して満足ができない状況が3カ月以上続いてしまうものをEDと呼んでいます。

 

EDの症状は人によってかなり異なっているのが現状です。

 

 

たとえば、「性欲はあるけれど、勃起しない」ケースや、「最初は十分な勃起力があるのだが、持続力が不足している」ケースなどさまざまです。

 

勃起とは、海綿体に血液が流入することと、それを維持するメカニズムなので、EDではそれを阻害する要因が問題となります。EDの原因は主に3タイプに分類されています。

 

 

心因性ED

1つ目は「心因性ED」と呼ばれる、精神的なストレスに起因するタイプです。

 

 

性的な刺激は、女性との接触によって起こります。

 

 

たとえば、キスや愛撫などの肉体的な接触だけではなく、水着や下着などを見ることによる視覚的な接触でも、性的刺激は発現するのです。

 

 

ただし、触覚や視覚の感覚器からインプットされた情報は、脳に伝えられることで、初めて性的な刺激と認識されます。つまり、すべての性的刺激は脳から身体の各部に発令されて、勃起現象が起こるのです。

 

 

このとき、性的刺激が神経系を通して滞りなく全身に伝達するには、メンタル面での安定が不可欠となります。緊張が強すぎると、勃起できないときがあります。

 

 

基本的なことなのですが、生物として心身ともに健康体でなければ、精力を十分に発揮することはできないのです。精力剤は、主に勃起力と持続力の向上を目指します。

 

 

その効果を最大限に高めるためには、前提として精神力の安定が必須といえます。そうはいっても、現代生活は、精神的なストレスが多い生活を強いられがちです。仕事で重責を担う立場になったり、リストラの恐怖に怯えたりする生活を続けていると、ストレスが抜けず心は継続的な緊張状態になります。

 

 

深夜までの残業や睡眠不足なども、メンタル・ストレスを増大させるのです。

 

 

このような外部的なストレスとともに、「性交に関してのトラウマ」がもうひとつの心因性EDの原因として挙げられます。

 

 

過去の女性経験で、うまく勃起ができなかったり、相手から傷つくような言葉を投げかけられたりすると、トラウマになるのです。

 

 

性交に関しては、多くの男性は女性を満足させたいと考えていることが多く、うまくいかないと容易に傷つく繊細さを持っているといわれています。

 

 

その半面、性に関する過度に刺激的な情報に接する機会も多く、演出された性交プロセスが実際の性交に悪影響を与える場合もあります。

 

 

 

たとえば、アダルトビデオなどでは、女性のオーガズムがわかりやすく、場合によっては誇張して表現されるのが一般的です。

 

しかし、実際は女性のオーガズムは複雑で、見た目の反応は人により異なります。つまり、すべての女性がアダルトビデオと同じ反応をするわけではありません。

 

 

ところが、性交初心者であればあるほど、そのような演出された情報を参考にしすぎる傾向が見られます。ビデオの中の女性と同じ反応を導かなければ、性交は失敗であるという強迫観念を持ってしまう男性がいるのです。

 

 

繊細な男性ほどこの傾向に陥りやすく、自信を失ってしまうケースが見られます。

 

 

外部的なものであれ、内部的なものであれ、精神的なストレスを受けると精力が減退したり、異性への興味・性交欲求が低下したりして、勃起障害が出ることがあるのです。

 

 

これを「心因性ED」と呼んでいます。心因性EDの場合、年齢との相関関係はそれほど重要ではありません。20代・30代など、身体に不調がなくても精神的なストレスで症状が出るため、精力剤とは異なる対策を考える必要があります。

 

 

器質性ED

2つ目は「器質性ED」と呼ばれる、血管や神経に起因するタイプです。

 

 

血管の硬化や神経系統の障害が原因となるもので、中高年男性に多く見られます。なぜなら、血管の硬化については、特に目立つ病気になっていなくても、だいたい30歳を境に血管は老化し始めるからです。

 

 

血管の弾力がなくなることを「動脈硬化(どうみゃくこうか)」と呼びます。

 

 

動脈硬化は、心臓であれば心筋梗塞・狭心症、脳であれば脳梗塞や脳血栓などの脳卒中、脚の血管なら末梢動脈疾患を引き起こします。大動脈などの大動脈瘤、大動脈解離などになると、痛みが出た段階では破裂する危険があり、そうなると死亡率が8割を超えてしまうのです。

 

 

 

勃起不全の原因としては、血管の硬化は陰茎海綿体に動脈血が流れ込まなくなる症状を引き起こします。

 

 

これには、陰茎部の血管だけではなく、全身の動脈の硬化も影響するのです。また、加齢による硬化だけではなく、糖尿病・高脂質症・高血圧などの生活習慣病と指摘された人は、特に器質性EDを併発しやすくなります。

 

 

これらの症状は血管に負担を掛けてしまうからです。さらに、喫煙や飲酒など刺激性のある嗜好品の過度な摂取も血管の柔軟性を損ないます。

 

 

 

神経系統の障害については、内的要因と外的要因が挙げられます。

 

 

糖尿病などが原因で発症する神経症や脳内の神経伝達物質の現象によるパーキンソン病などは、代表的な内的要因です。

 

 

一方で、事故などにより背骨に損傷を受けたり、脳出血を起こしたりすると脊髄や脳にある神経系に外的なダメージを受けます。また、前立腺がんや前立腺肥大を外科的な手術で治療する場合に、神経を傷つけてしまうこともあります。

 

 

正常な勃起力のためには、指令を出す脳の「中枢神経系」と脊髄にある「脊髄神経系」および、陰茎を含む全身に張り巡らされた「末梢神経系」の滞りない連携が不可欠です。

 

 

 

内的要因であれ外的要因であれ、全ての神経がうまくつながっていなければ、脳が性的刺激を受け、勃起指令を発令しても、陰茎の末梢神経まで伝わらないわけです。

 

 

このように、器質性EDはさまざまな要因で発現します。いずれにせよ、血管が硬くなったり、勃起指令がうまく伝わったりしなければ、精力剤を飲んだとしても本来の効果を十分に活かすことができません。

 

 

薬剤性ED

3つ目は「薬剤性ED」と呼ばれる、既往症の治療薬が原因となり勃起障害が起こるタイプです。

 

 

つまり、薬の副作用でEDになるのです。

 

 

EDの症状を引き起こす可能性のある薬には以下のようなものがあります。

 

まず、サイアザイド系利尿剤・ループ利尿剤・末梢性交感神経抑制剤などの「降圧剤」が挙げられます。

 

 

三環系抗うつ剤・SSRIなどの「抗うつ剤」、フェノチアジン系・スルピリドなどの「抗精神病剤」、パルピツール酸系の「睡眠剤」なども要注意です。また、抗アンドロゲン剤・LH-RH アナログなどの「抗男性ホルモン剤」には副作用を起こす可能性があります。

 

 

勃起との関連が薄そうな、胃潰瘍などの治療に用いられるH2受容体拮抗剤・抗ドパミン剤・スルピリドなどの「抗潰瘍剤」も薬剤性EDを引き起こす疑いがあるのです。

 

 

これらの投薬を受けていてEDの症状が継続的に見られる場合は、主治医に相談して薬剤を変更してもらうのが、症状改善のための第1歩となります。

 

 

 

精力剤とその種類

性交時の能力を改善するために経口摂取などにより服用するものを、一般的に「精力剤」と呼ぶことが多いのですが、大きく分けて2つに分類できます。

 

 

 

医薬品

1つ目は「医薬品」としての精力剤です。

 

 

医薬品には効果や効能を明記することができるため、体質にもよりますが、基本的には確実な効果が望めます。

 

 

ただし、効果の大きなものは処できりに服用しないと副作用の危険があるため、購入場所は限定されます。

 

 

 

ドラッグストアやコンビニで購入可能なものは、ビタミン剤や強壮効果の高いにんにくなどの植物由来のものがあります。

 

 

男性ホルモンは精力と関係が深いのですが、その低下によって起こる内分泌異常を緩和する医薬品は、薬剤師のいる薬局のみで購入可能です。

 

 

なお、EDの治療薬は医薬品に分類されています。

 

 

正式な入手ルートは、医師の処方に基づいて薬局で購入します。

 

厳密にいえば、ED治療薬を精力剤に含めるかどうか微妙なところがあるのは事実です。

 

 

ただし、勃起力を高めて性交時の問題を解決する効能を持っているため、精力剤として分類されることがあります。

 

 

なかでも、最も有名なED治療薬はバイアグラです。

 

 

処方薬としては、他にも数種類の中から選ぶことが可能で、B薬より持続時間が4倍ほど長いものや、低価格で同じ効能が期待できるジェネリック医薬品などもあります。

 

 

インターネット経由で、個人輸入する方法もありますが、偽造医薬品が送られてくる可能性が捨てきれないため、おすすめできません。

 

 

サプリメント

2つ目は「サプリメント」としての精力剤です。

 

 

サプリメントは簡単にいってしまうと「食品」扱いになります。サプリメントには薬事法は適用外なため、購入場所の制約はありません。

 

 

基本的にはビタミンB群が配合され、鉄や亜鉛などのミネラル、シトルリンやアルギニンなどのアミノ酸、また植物系の有効成分などが、単独またはブレンドされて提供されています。

 

 

医薬品とサプリメントのどちらであっても、主に次の5つの形態で提供されます。

 

 

よく見かけるのが「ドリンクタイプ」でしょう。

 

 

手軽に摂取できるため、医薬品でもサプリメントでも種類が豊富にそろっています。

 

 

内容量に比べて、包装箱が大きめなので持ち運びにはかさばります。

 

 

 

次は「錠剤タイプ」です。錠剤はかさばらずに携帯性が良いため、ドリンクタイプと並んで人気があります。

 

 

ただし、服用の際に水などが必要なため即効性ではドリンクに劣ります。

 

 

ドリンクと錠剤のメリットを合わせたのが「ソフトカプセルタイプ」です。見た目は錠剤なのですが、中には液体が入っているため、携帯性と即効性が期待できるタイプです。

 

 

その他には、経口摂取ではなく「塗るジェルタイプ」や「シールを貼るタイプ」などもあります。

 

 

なお、精力剤として販売されている医薬品やサプリメントは西洋医学的な観点から開発・処方されることが多いのですが、漢方薬の中にも精力をサポートするものがあります。

 

漢方では植物や動物を原料としていますが、薬事法で指定された特定の成分を含む部位は、医薬品扱いになることがあるのです。

 

 

 

精力剤の成分1:ドラッグストアや薬局で入手可能なもの

ドラッグストアや薬局に行くと、数多くの精力剤が入手可能です。

 

どのような成分が配合されているかについては、医薬品でもサプリメントでも表記があります。

 

 

なお、医薬品の分類は医師の処方が必要な「医療用医薬品」に最も厳しい制限がかけられています。

 

 

次に「要指導医薬品」と呼ばれる、もともと医療用だった薬の制限が緩和されたタイプが続くのです。

 

 

その下には「一般用医薬品」があり、第1類から第3類までの区分があるのです。

 

 

成分ごとの知識と医薬品の区分を知っておけば、自分に最も必要なものがわかるようになり、目的に合った精力剤を見つけることができるようになります。

 

以下で、覚えておくとよい精力剤の主な成分や素材を紹介していきます。

 

 

1つ目の成分は「メチルテストステロン」です。
この成分は第1類医薬品扱いとなっています。男性ホルモンであるテストステロンの補充の必要がある人向けに処方される成分です。

 

テストステロンは性欲や勃起力に大きく関係しています。入手するには、医療機関で血液中のテストステロン値を検査し、医師の指導を受ける必要があります。

 

 

2つ目の成分は「タウリン」です。
医薬品扱いの栄養ドリンクの主成分としてよく知られています。成分名は「2-アミノエタンスルホン酸」と表記されることもあり、アミノ酸のひとつです。精力剤というよりは、より一般的で汎用的な効能が期待される成分といえるでしょう。

 

 

3つ目の成分は「マカ」です。
学名をLepidium meyeniiと呼び、アブラナ科の多年草植物として知られています。

 

もともと、標高5000mに迫るアンデス高原などを持つ南米ペルー原産の植物で、茎や根の部分が食用とされてきた伝統的な食材でもあるのです。

 

 

アミノ酸、リノレン酸、オレイン酸など脂質やミネラルなどさまざまな栄養素を含んでいる高栄養価食材となっています。その他の有効成分としてグルコシノレート類が挙げられることがありますが、科学的な面での実証は済んでいません。

 

 

4つ目の成分は「亜鉛」です。
アルファベット表記はZnです。亜鉛は鉄の次に人体の形成に必須の金属で、成人であれば体内には約2g程度存在します。

 

 

亜鉛の生物学的な役割は、酵素の構成・反応、ホルモンの合成・分泌調整、DNAやRNAなどの核酸の合成、タンパク質の合成などです。

 

日本人の成人男性では、1日の推奨亜鉛摂取量は10mgですが、平均値では不足傾向がみられます。ただし、過剰摂取は健康障害を引き起こすことがあるため、サプリメントなどから摂取する場合には量の管理が必須です。

 

 

亜鉛は肉類から摂取できるため、赤身の牛・豚肉や鶏肉をバランスよく献立に含めると、タンパク質も同時に取れて効率的といえます。

 

 

 

5つ目の成分は「シトルリン」です。
スイカから単離されたアミノ酸がL-シトルリンです。諸外国では、シトルリン・リンゴ酸塩は抗疲労成分を持つ医薬品として入手可能となっています。

 

 

日本でも、もともと医薬品扱いだったものが、2007年に食品として扱えるようになりました

 

 

シトルリンは一酸化窒素の生成に関与しています。ED治療薬の原理は、一酸化窒素を介した血管拡張作用を利用するものです。

 

同じ仕組みを持つため、強精剤として注目されていますが、信頼できる治験データなどは2015年時点では報告されていないようです。

 

 

 

6つ目の成分は「トンカット・アリ」です。
東南アジアに生育するニガキ科の低木の根から採取されるサプリメントがトンカット・アリです。学名はEurycoma longifoliaと呼ばれます。テストステロンとの関係が指摘されるグリコサポニンやユーリコマノンを含有しています。

 

 

 

精力剤の成分2:漢方薬

西洋医学では問題が起きた臓器などを集中して治療する対処療法が基本ですが、漢方では体全体のバランスを重視して体質改善を目指します。

 

 

つまり、「飲んですぐ効く」というより、飲み続けて身体の調子全体を整えるというのが、漢方的考え方です。

 

 

強精剤として漢方薬を考えるときにも、同じように長い目で見る必要があります。

 

漢方薬の歴史は古く、動物由来の成分と植物由来の成分からなっています。漢方の成分も医薬品と食品のどちらかに分類されますが、ある部位に含まれるものが指定成分であるかどうかで区別されるのです。たとえば、同じ植物でも茎は食品で、根は医薬品ということがよくあります。

 

 

 

漢方薬の処方は、個人のその時の健康状態によって微妙に配合を変えることが一般的です。可能であれば、漢方医の指示に従うことをおすすめします。以下で、強精剤の成分表記でよく見かける主な漢方成分を紹介します。

 

 

 

1つ目の成分は「マムシ」です。
日本では南方の島などに生息するトカゲ目クサリヘビ科の毒ヘビですが、漢方薬としては広く利用されています。
マムシの胆のうの乾燥粉末である「蛇胆(じゃたん)」や、皮と内臓を取った残りの乾燥粉末である「反鼻(はんぴ)」は古くから民間療法などでも用いられています。

 

 

マムシは、アミノ酸やビタミン類、またペプチドやリノール酸も含まれる高栄養食品です。ペプチドは血流改善と関係が深く、リノール酸はコレステロール値のコントロールで注目されています。

 

 

 

2つ目の成分は「スッポン」です。
熱帯地方原産の水生のカメで甲羅が柔らかい点に特徴があります。漢方では代表的な動物由来の成分であり、古くから甲羅をはじめとして、血液・肉・頭などが用いられてきました。

 

健康食品などの材料にもなっており、滋養強壮のイメージが強いのですが、強精剤としての科学的な根拠には乏しいようです。もちろん、食物としてみれば、アミノ酸類を含む良質なタンパク源であることには間違いありません。

 

 

 

3つ目の成分は「高麗ニンジン」です。
ウコギ科の多年草であり、漢方薬の成分の中でもっともメジャーなもののひとつです。古代中国や韓国では滋養強壮剤として用いられてきました。高麗ニンジンに含まれる、サポニンの一種であるジンセノサイドに注目が集まっています。

 

 

サポニンは植物の根・葉・茎などに含まれる苦味やえぐみの元になる物質です。植物ごとに異なる機能を持っており、高麗ニンジンに含まれるサポニンは血小板凝集や毛細血管の血流との関係が指摘されています。

 

 

 

4つ目の成分は「ムイラプアマ」です。
南米のアマゾン川流域やブラジル北部に自生するボロボロノキ科の樹木で、現地では古くから強精剤として用いられています。

 

欧米ではED治療効果を期待できるハーブとして認められてきました。

 

根の部分にはアルカロイドが含まれているといわれています。アルカロイドとは、強い生理作用を持つ成分で、たとえばニコチン・モルヒネ・コカインなどが代表的な物質です。日本で販売されているムイラプアマを含むサプリメントは、主に樹皮を使用しており、根は医薬品に分類されています。

 

 

 

5つ目の成分は「オットセイ」です。
オットセイの睾丸や陰茎部分が精力増進に効果があるのではないかという考え方があります。漢方では、弱い部分を治療するために、「他の動物の同じ部位を食すとよい」という思想があり、そのため睾丸や陰茎に注目するのです。

 

 

さらにいえば、オットセイは一夫多妻制であり、精力が強いはずであるという、民間信仰的なアプローチも影響しているようです。なお、睾丸と陰茎部分にはホルモン物質を含み、日本では医薬品扱いとなります。

 

 

 

6つ目の成分は「コブラ」です。
強烈な神経毒を持つことで知られる毒ヘビのコブラは、世界中に生息しています。毒性の強さと強壮効果が比例するという漢方の思想から、中国だけではなくアジア地域では健康食品として高く評価されてきました。

 

 

食品としては、タンパク質・必須アミノ酸・ミネラルなどが含まれており、高栄養であることは確かです。コブラには、精液に含まれるスペルミンという成分を持っており、その点で強精剤のイメージと結びついたと考えられます。

 

 

 

精力剤のおすすめ人気ランキング5選

精力剤の選び方について分かったところで、ここではおすすめの製品をランキング形式で5つ紹介しています。

 

精力剤はどれを飲んでも一緒だと考えている男性はいますが、製品によって配合成分の種類や含有量に違いがあるのが特徴です。

 

1箱当たりの価格も異なりますので、慎重に飲み続ける製品を決めないといけません。

 

下記の5つの精力剤はどれも高い人気を誇っていますので、選び方で迷っている男性は参考にしてみてください。

 

 

1位 ザ・ゴールド

 

ザ・ゴールド(The GOLD)は、株式会社オンビレッジから販売されている精力剤サプリメントです。

 

「その日の調子で夜の営みが上手くいかない」「途中でダメになって中折れする」といった悩みやコンプレックスを抱える男性のために開発されました。

 

サプリメントタイプの精力剤の中でもザ・ゴールドは人気が高く、その証拠を幾つか見ていきましょう。

 

・2013年の発売時から2015年の5月まで、60,000人以上の男性が実感している
・毎月お届けコースのリピート率が85.9%と高い

 

効果を実感できている男性が多いからこそ、リピート率が高いわけですね。

 

ザ・ゴールドは男性の活力や精力を漲らせるために、次の成分を独自のバランスで配合しています。

 

・老化現象を和らげる作用を持つ「ソフォン」
・血管拡張作用で身体のリズムを良くする「シトルリン」
・成長ホルモンを増やして精力を高める「アルギニン」
・テストステロンの分泌を増やす「トンカットアリ」
・充実したナイトライフを実現させる「亜鉛」
・血行不良を改善して勃起力を高める「イチョウ葉エキス」

 

更に23種類の栄養素と天然ハーブの相乗効果で、男性機能の回復を促してくれるメカニズムです。

 

初めて飲む男性のために40日間の返金保証制度も用意されていますので、「どの精力剤が良いの?」と悩んでいる方は気軽にザ・ゴールド(The GOLD)を試してみましょう。

 

 

 

 

勃起に関連する成分を理解して強精剤を選ぼう!

強精剤には即効性が期待されることが多いのですが、精力増進の基本は日頃からの体調管理といえます。

 

年齢に応じた、心身ともに健康な状態があり、そのベースがあって初めて強精剤の効果が十分に現れるのです。これらのことから勃起させるプロセスが重要であることが理解できるのではないでしょうか。

 

 

また、よく見かける強精剤の成分についても、科学的というより、たくましく生きる動植物にあやかろうとする心理的な期待がうかがえます。強精剤を選ぶときには、このような事情を考慮して、コストパフォーマンスを最大化するように心がけましょう。